当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ハロウィンでお菓子はどれくらい渡せばいい?人気のお菓子と正しい渡し方!

「トリックオアトリート」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)。最近は日本でも恒例の行事になりつつあるハロフィンですが、日本では歴史の浅いイベントのために子供にお菓子をどれくらい配ればいいのか気になります。今回はどれくらいお菓子を渡せばいいのか、人気のお菓子をご紹介します。

ハロフィンでお菓子はどれくらい渡せばいい?「アメリカでは1個か2個」

ハロウィンに子どもたちにお菓子を配る量がどれくらいなのかが気になるところですよね。お菓子を配る量なのですが、子どもたちがいろいろなお家を回ったりして複数の人からもらう予定なのであれば、少しでもかなりの量になるので、1人に配る量は少なめでもいいでしょう。

ではどれくらいかというと本場のアメリカでは配るお菓子は1個か2個なので、クッキーや飴などを1〜2個くらい配るのでOKです。

少ない量で大丈夫とはいえ、だいたいどれくらいの人数の子供に配るのか予め確認しておいたほうがよさそうです。足りない!となると大変ですから。

渡すときは用意したお菓子をラッピングして渡すのもいいですし、かごやバスケットに入れておいてそこから2個くらいを渡すのでもいいですね。

お菓子
Matsuをフォローする
ニュース Pick up

コメント