本田圭佑ABEMA解説まとめ「めっちゃ面白いと話題に」サッカーワールドカップ

スポーツ選手

サッカーワールドカップ決勝トーナメント進出を決めた日本。ABEMAでは元日本代表の本田圭佑さんが解説を担当していますが、「めっちゃ面白い」と話題になっています。
今回は本田圭佑さんによる解説をまとめてみました。

日本VSドイツ戦

高精度のキックや相手を剥がす技術が特徴のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン選手。ギュンドアン選手に対してのコメントが思わず笑ったとのツイートが多くありました。

「ギュンドアンうざいなぁ」

本田さんの「ギュンドアンうざいな」は面白かった

ギュンドアンうざいな笑
たしかに嫌なポジショニング取ってる。

ズーレが穴

「炎上覚悟で言うけど、ズーレが穴なのよ!」

どういうことなのかというと、次のようなことなのだそう。

ドイツ戦では解説本田が「ズーレが穴」ってしきりに言ってて、終わってみれば
ズーレのとこで三苫が起点作って1点目。ディフェンスラインをズーレがズレてて
2点目だったわけです。

「とりあえず一回落ち着こ」

試合終了時、観客と同様に盛り上がっていた本田圭佑さん。急に「落ち着こ」と言って冷静になるテンションに面白いとの声も出ていました。

ずっとめっちゃ焦ってた解説の本田圭佑が、試合終了の笛が鳴った瞬間に
「とりあえず一回落ち着こ、まだ確定ちゃうから」って言ったのワールドクラス
すぎてワロタ

アディショナルタイム7分経過
本田「終わりやろ?終わりやろ?!」
解説「まだホイッスルは鳴りません」
本田「終わりやろ?!?!」

試合終了

解説「試合終了!!!日本勝ちましたー!!!!」
本田「ま、一旦落ち着こ?」

超前向き思考

本田圭佑の解説から垣間見えたマインドセットが凄い。

先日のドイツ戦、普通なら「あぶねー!」と胸をなでおろす危険な場面で、
ゴールポストを叩くその瞬間「いいよ!入らなければ何でもOK!」という切り替えの早さ。
歴史的勝利の瞬間も「まだこれから!落ち着こう」と。

超未来志向、これが一流か。

日本の選手を「さん」つけ

解説の本田圭佑さん。選手の名前を「呼び捨て」と「さん付け」で言い分けてる。
おそらく直接関わったことのある選手を呼び捨てで、そうでない選手をさん付けにしてる。
他者へのリスペクトが感じられて好き

本田圭佑さんは直接面識のない選手には「さん」を付けて解説中に呼んでいました。選手をリスペクトしている姿に好感が持てます。

日本VSコスタリカ

コスタリカあんま強ないぞ

「これ、コスタリカあんまり強くないぞ?相手の右サイドバック、つなげる所を
単純にクリアしてますよ」
「カウンターの精度も疑っちゃいます。怖さがないですね」

相馬選手が自身のことを知っているか心配する本田圭佑

「僕も名古屋でプレーしてたんすけど、相馬さん僕のこと知ってますかね?」

以前、名古屋グランパスエイトでプレーしていた本田圭佑さん。今回の大会に出場している相馬選手が自身のことを知っているかと心配していました。

「4番穴やぞ、今日は4番や」

本田さん「4番穴やぞ!」
「4番意外とスピードあるな」
解説「その4番に決められました!」

「こいつの顔見てください」

「こいつの顔見てください。ほら、全然ファールじゃないって顔してる」

本田圭佑さんの解説では日本代表の選手には「さん」つけ、この選手には「こいつ」呼びでそこも面白いと話題になっていました。

日本VSスペイン

遅いねんオフサイ

オフサイドフラッグがなかなか出なかったことに対する解説。どうにかしてグラウンドに出たがる本田圭佑さんでした。

オフサイ!遅いね、オフサイ。俺がラインズマンやろうか?

入ってないほうがいいちゃうん?

判定のとき、「ここは入ってないほうがいいちゃうん?」とかいう本田さんの
複雑過ぎる解説→「いや、ここは入っててもらいましょう」という槙野さんが、
いちばん面白かった。

まだ泣くのは早いて

田中碧のゴールが認められ思わず泣いてしまう日本人サポーター。その映像に対しての一言。

「ちょ、まだ泣くとははやいて」

スポーツ選手
Matsuをフォローする
ニュース Pick up

コメント