梶川寛人の顔画像やfacebook「無職なのに新築マンション住まい」20代女性刺殺

事件

2023年1月13日、東京都大田区のマンションで20代の女性が包丁で刺されてた状態で見つかり、その後死亡した事件。
「人を殺した」と自首してきた男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。その男は無職の梶川寛人容疑者。今回は梶川寛人容疑者の顔画像やフェイスブックを調べてみました。

梶川寛人容疑者の顔画像「21歳無職」

名前:梶川寛人(かじかわ ひろと)

年齢:21歳

住所:東京都大田区

職業:無職

女性を殺したと警察署に自主した梶川寛人容疑者。「梶川寛人」でフェイスブックで検索をしてみると同姓同名のアカウントが複数でてきましたが、東京都在住のアカウントは見つかりませんでした。

インスタグラムでも検索してみると1件ヒット。しかしながら21歳には見えない男性のアカウントでした。しかしながら21歳という若さなので、何かしらのSNSを使っていた可能性は高いと思われます。

梶川寛人容疑者の自宅マンションはアーバンパーク東六郷Ⅰ「新築マンション」

事件の現場となったのは東京都大田区東六郷1丁目のマンション「アーバンパーク東六郷Ⅰ」の2階にあります。こちらのマンションは2022年9月にできたばかりの新築。

アーバンパーク東六郷Ⅰの家賃は約8万円から9万円。無職の梶川寛人容疑者に支払うことができたのでしょうか。
もしかすると20代女性が毎月支払っていた可能性もあります。

今のところ二人の関係がどのようなものだったのかも明らかになっていません。梶川寛人容疑者は「女性と口論になり刺した」と話していると言います。女性と交際していたかどうかもわかりませんが、若さゆえ自分の悪いところを指摘されてカッとなってしまったのかもしれません。

東京都大田区東六郷殺人事件概要

自宅で女性を刃物で刺したとして、警視庁蒲田署は13日、東京都大田区東六郷、無職梶川寛人容疑者(21)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。女性は現場で死亡が確認され、蒲田署は容疑を殺人に切り替えて調べている。

発表によると、13日午後5時20分頃、梶川容疑者が「人を殺してしまった」と蒲田署に出頭。警察官が梶川容疑者の自宅マンションに駆けつけたところ、室内で梶川容疑者の知人とみられる20歳代女性が胸から血を流して倒れていた。近くに凶器とみられる包丁が落ちていたという。

梶川容疑者は調べに「女性と口論になった」と供述しており、蒲田署が経緯を調べている。

事件が起きたのは2023年1月13日、東京都大田区東六郷でのこと。21歳の無職の梶川寛人容疑者が知人女性とみられる20代女性を刺し、「人を殺してしまった」と自首。

警察官が梶川容疑者の自宅マンションに駆けつけ、血を流して倒れている女性を発見しました。

今のところ、梶川容疑者と女性の関係は分かっていません。交際していたのかどうかも定かではありませんが、20代という若さで殺されてしまった女性。彼女のご家族のことを考えると胸が痛みます。

事件
Matsuをフォローする
ニュース Pick up

コメント