稲美町放火不明の伯父を扇町公園で発見!早く見つけてほしかった?

事件

兵庫県稲美町の住宅で小学生の兄弟2人が亡くなった放火事件で行方がわからなくなっている50代の伯父が大阪府大阪市北区の扇町公園付近で見つかりました。

扇町公園付近で見つかったとの報道から早く見つけて欲しかったのでは?と話題になっています。今回は扇町公園について記載していきます。

伯父の松尾留与(まつおとめよ)容疑者を逮捕!

兵庫県稲美町の住宅で住人の小学生兄弟2人の遺体が見つかった放火事件で、行方が分からなくなっていた兄弟の50代の伯父が、大阪市北区の扇町公園付近で発見されたことが
24日、捜査関係者への取材で分かった。県警加古川署捜査本部は現住建造物等放火容疑で
捜査しており、伯父から事情を聴く。

(産経新聞より)

24日、伯父の松尾留与容疑者が確保、逮捕されました。

大阪で確保された時には抵抗する様子はなく、おとなしくしてたそう。

容疑は認めているものの、動機はまだ分かっていません。これからの捜査で明らかにしていくと県警の真鍋克巳・捜査1課長は語っています。

松尾留与(まつおとめよ)容疑者早く見つけてほしかった?

google-map-ougimachi

松尾留与(まつおとめよ)容疑者は大阪市北区にある扇町公園で発見されました。扇町公園は地下鉄堺筋線扇町駅すぐのところにあります。

大型遊具があり休日には家族連れや散歩する人でにぎわう大きな公園。そして隣には関西テレビがあります。

kansai-TV

報道によると、松尾留与容疑者はコロナで失業する1−2年前は大阪の工場で働いていたことが分かっています。

大阪で働いていた経験からある程度の土地勘があったと思われます。扇町公園の隣には関西テレビがあることは知っていた可能性が高いですし、早く見つけてほしかったんだろうと思います。

見つかりたくなければテレビ局の隣にはいないはずです。扇町公園はいかにも早く見つけてほしいと言わんばかりの場所ではないでしょうか。

扇町公園はいわくつきの場所?

google-map-park

関西テレビの横にある扇町公園は大正12年(1923年)に開演した古い公園でもあります。

楽しい場所である扇町公園。扇町公園になる前は堀川監獄(大阪監獄署=刑務所)でした。処刑対象になるような極悪人を収容していたようです。

ougimachi-park

新しく公園に変わっても東南一部はいびつな形をしていて、その場所だけ不自然な形で地下に潜っている場所があります。

それは第二次世界大戦中、空襲を受けて200名以上が地下の中でなうなったそうで、今も生き埋めになったままなのだそう。

夕方になれば兵隊の幽霊が出ると言われているなど、怖い話がつきない場所でもあります。

松尾留与容疑者の扇町公園までの移動方法は?

google-map-inamicho

松尾留与容疑者が住んでいる稲美町は兵庫県中南部に位置する町で、24日に松尾留与容疑者が逮捕された扇町公園までは約60キロも離れています。

扇町公園で発見された当時、

数千円程度の現金は所持していた。スマートフォンは持っていなかった。

(神戸新聞より)

数千円の現金を持っていたことから、電車に乗って移動した可能性が高いです。

松尾留与容疑者の最寄りの駅は、JR神戸線「東加古川駅」もしくは「土山駅」になるかと思います。

そこからJRを使って大阪駅まで出たとすると、片道1,170円、1時間3分で移動することが可能です。

navitime

事件
Matsuをフォローする
ニュース Pick up

コメント